マンネリ気味な仕事

毎日ほぼ同じことの繰り返しに、気が滅入りつつも、その中で時々訪れるささやかな楽しみのおかげで、なんとか戦意を失わずにいられる今日この頃。誠意という言葉がありますが、まさに誠意の問題ですね。接客業というものは。私の都合を極力セーブしつつ、お客様のニーズに迅速に応える。これはきれい事半分、事実半分です。退屈な状況をいかに退屈でなくするか。これも大事な仕事の一部だと思いますね。

今日も食べ過ぎた

昼寝から起きて、すぐにパン4個、焼き鳥、レバー串、とうもろこし。食いすぎです。もっと体を休ませないと。きっといつの日か体を壊すから。なのに、食べている時は幸せなんですね。だから、繰り返してしまう。欲望に打ち勝つという事は、山にこもって修行する人だけが直面する問題ではなく、日々目の前で普通の家庭の中で繰り広げられているんですね。己の見方は己であり、己の敵も己、ということですね。

アーケードゲームの時代

自分小学生のころ、1980年代はゲームセンター全盛期の時代でした。記憶に残るのは、初代熱血硬派くにおくんファンタジーゾーン魔界村などです。照明の暗い、怪しいプレハブの小屋に設置された筐体は、FM音源の綺麗なBGMと、当時のファミコンよりもきれいな解像度のモニターで、我々を虜にしたものです。今の家庭用ゲーム機の性能には遠く及ばないものの、あの頃のゲームはとても神秘的で、今でも思い出すだけで、胸が熱くなりますね。

ガソリンが尽きかけた

ですが、母が乗った際に入れてくれたので、あ来週の給料日までは何とかなりそうな予感です。暖房やら、CDやらで、エネルギー消耗度の高いマイカーですが、半年点検の案内があり、どうしようか迷いますね。お金がないので、見送るしかないですけど。

タイヤの消耗度

今年は例年になく、あちこちと走っているので、車のタイヤの交換時期が早まりそうですね。消耗品だから、仕方がない。それはそうですが、やはり少しでも長く、安く乗りたいので、そう簡単にすり減ってもらっても困るんですけどね。ちなみに、毎年自分の車は片側のタイヤが白い部分がむき出しになるくらい消耗するのですが、毎日同じコースを走っているからかもしれないですね。そういえば、空気圧も最近見てないのでそろそろ行かないと。

冷えの時代

最近の日本人は体温が低下している。そんな事例が身近にありました。知り合いの息子夫婦がインフルエンザにかかり、体温を計ったら37度だというので、全然普通じゃないかと聞いたら、平温が35度だというではありませんか。これは昔の世代よりも1~2度低い状態ですね。その夫婦は不妊症で、結婚しても5年くらい子供ができなかったそうです。体温と妊娠も関係していますね。話を戻すと、体温1度低下で免疫力が相当低下するそうなので、それでインフルエンザにかかってのではないかということでした。また冷えの原因は食事らしいということです。麦などを主食としていた昔の日人は相当体温も高く、力もあったようですね。

意外な受賞履歴

私は小学校2年生の時に絵をかいて学校で表彰されました。しかも、その時はモチーフとなる絵本を忘れ隣の席の子の絵本をチラ見してそれをもとに描いた絵でした。タイトルは桃太郎。からりデフォルメされた絵でしたが、審査員の目に留まりまさかの金賞受賞です。世の中何が功を奏するかわかりませんね。その反動か、今では活字大好き人間になりました。漫画などの2次元とはあまり縁がないですね。でも、たまに「きまぐれオレンジロード」は読みますけどね。

http://www.eleccionesicam.com/